【祝酒2019】





----< artist >----






・RABIRABI+沼澤尚






「縄文トランス」の異名を持ち、声と打楽器そのものをCreative Sourceに
ダンスミュージックと呼ばれるありとあらゆるシーンを縦横無尽に渡る
希少種のドラゴンスター'girled'ユニットRABIRABIと
シアターブルックやOKI DUB AINU BAND等で活躍する日本を代表するGROOVEドラマー沼澤尚によるスーパーセッション!

RABIRABI HP :http://www.rabirabi.com/top/top.html
沼澤尚 HP :http://takashinumazawa.com/






・MIDORINOMARU





2人編成での活動を続けるインスト・デュオ。ピアノとドラムという最小限の編成とは全く思えない、その圧倒的な音像と演奏クオリティーの高さを武器に、日々、全国各地の音楽好きのハートを掴んでいる。
まさに「音」を「楽しむ」べく用意された珠玉の楽曲の数々…。
聴いているうちに、心躍らずにはいられない!

2010年結成。
2013年よりNiKA(piano),と三星章紘(percussion,drums)の2人編成で活動を始める。
2014年、吉祥寺曼茶羅で初のワンマンライブ。
2015年、サイバーエージェントのアメーバ新ロゴアニメーションの音楽にミドリのマルの「karakuri」が使われる。
2015年、GO OUT CAMP 猪苗代湖に出演。初の野外フェス。
2015年12月月2日に、初のフルアルバム「no logic」を発売。
2016年7/31、初ツアー「暑中見舞いツアー~いつもお世話になっております~」が決定(浜松、和歌山、四日市、名古屋、蒲郡)
2016年12月2日に、2nd album「GOOD MORNING」を発売。
2017年12月に1st,2nd揃って完売。
2018年3月28日1st「no logic」が再販&全国流通開始。
2018年4月1日、3rd album「SUN」が、ライブ会場とHPで販売開始。
2018年6月20日に2nd「GOOD MORNING」が再販&全国流通開始。
9月1日の蒲郡BUZZ HOUSEを皮切りに「実りの秋ツアー2018」がスタート。
12月3日にミドリのマルワンマンライブ@月見ル君想フ(青山)でファイナルを迎える。
そして、2018年10月3日に3rd「SUN」が、全国流通開始。


HP:http://midorinomaru.com/






・バケツドラマーMASA





(バケツドラム、ディジュリドゥ)
1988.4生まれ。神奈川県出身

バケツや廃材などの身近な物でドラムセットを組み上げ、水道管に使われる塩ビパイプをディジュリドゥにして音を奏でるアーティスト。
世界的にバケツドラムのパフォーマンスの認知度も上がりパフォーマーも増えている中、一際異彩を放つサウンドを鳴らし国内外から注目を集めている。
バケツドラムを叩きながら同時に口でディジュリドゥを演奏する姿に思わず目を奪われるが、そこから奏でられる廃材とは思えないサイケデリックなトランスやテクノ、ドラムンベースやメタル、ハードコアを彷彿とさせるサウンドに誰もが驚愕し虜になる。
活動は、オーストラリアのメルボルンの路上から始まる。今ではクラブやライブハウス、野外フェス、レイブなどの音楽の現場から学校や福祉施設などの音楽のイメージの無い現場まで、アンダーグラウンドからオーバーグランドまで様々なステージで人々を魅了している。
MASAの音楽はボーダレスにフロアーをロックし、心と体、人と人、宇宙と宇宙を繋ぎ、老若男女や国籍を超える架け橋となっている。
一度聴くと病みつきになる唯一無二のサウンドを、是非体感してもらいたい。

HP:https://www.bucketdrummermasa.com/






・原田茶飯事と黒の他人





5月2日大阪出身、クリームチーズオブサン解散後
2009年から東京在住。

芸名に水が絡むと運気があがるとのことで
原田茶飯事と名乗っている。

ソフトロックやMPBの洒落っ気、茶目っ気を感じさせながらも
口から半分 魂の出たようなステージングは必見。

全国の演奏旅行を生業としながら
野外フェスでのライブも務め、各地に顔見知りを増やしている。

ソロとバンドを使い分け節操無く渡り歩く
全方位型シンガーソングライター。

今回はトリオでの出演。
《Bass》田名網大介《Vo.Gt》原田茶飯事《Dr》伊藤雄亮

HP:http://www.elcarnavalow.com/






・EL CARNAVALOW





2019年で結成9年目に入るロックバンド。
活動ペースはゆっくりだけど、家庭・仕事・音楽の3つ又で考えたらそれはそれは濃厚な9年。
今までにミニアルバムを2枚、7インチレコードを1枚リリース。2枚のオムニバスに参加。

Twitter:https://twitter.com/elcarnavalow






・kuma-chang




人生色々あるもんで
気が付けばパーカッショニストとパン職人の2足のわらじ
色々なアーティストのサポート、セッション
活動は国内外不問、ジャンル不問
2019年は西アフリカ音楽大国ギニア、マリに武者修行
バキバキに仕上げて平成最後の祝酒に参戦します!

自家製天然酵母パン Live&Bread chechemeni company店主

Facebook:https://ja-jp.facebook.com/chechemeni/






・西裏SONNY BOYS











・CrossYou





インスト・ブラス・バンド『RIDDIMATES-リディメイツ-』の首謀者で踊るサックス奏者。
暖かい国の音楽を好み、DJではAFRICA、BRASIL、JAMAICA、COLOMBIA、それらにインスパイアされた音楽をかける。
またサックスではHeiTanaka、REGGAELATION INDEPENDANCEのメンバーでもあり、KeishiTanaka、チーナフィル、☆マーレーズ☆、FBYもサポート中。
『LOVE & コメ粒残すな』を合言葉に全国を回る。

HP:http://brassrockers.com/






・VJ:mitchel





山梨県在住VJ/Web Producer。
2000年よりVISUAL AND ECHO JAPANに所属し、年間数十件以上様々なジャンルのWEB制作に携わる。
自身にてディレクションを始めマークアップからプログラム、デザインまでWEBに関わる様々な業務を一手にこなす。
また2006年、旅団「IyaoiRythum」の撮影およびPV制作を皮切りに、RUMI、環ROY×Fragment、sgt.、MAKKENZ、SKYFISH feat.鎮座DOPENESS、Clean Of Core、DJ BAKUなどのミュージックビデオを制作。
そして2008年頃からバンドライブステージでのVJとして活動を開始。
自身がメンバーとして所属するnegoの他に、共演するアーティストとコラボレーションしながら素材を作り込みよりライブ感のあるVJを追究。
D.A.NのVJとしてFUJI ROCK FESTIVAL ’16、ROVO and System7のアジアツアーそしてFUJI ROCK FESTIVAL ’14、GOMA & The Jungle Rhythm Sectionにて台湾公演、FUJI ROCK FESTIVAL ’13、Crystal lake、YOLZ IN THE SKY、七尾旅人、U-zhaan、大宮エリー、L.E.D、あらかじめ決められた恋人たちへ、STUTS、旅団、うみのて、sgt.、ドラびでお等に客演。
そしてWEBクリエイターとしては、七尾旅人氏と共同でダウンロードシステム「DIY STARS」の開発やKAIKOO POPWAVE FESTIVAL、U-zhaan.com、ROVO、レイハラカミ、プロジェクトFUKUSHIMA!など親交の深いアーティストのWEBサイトを制作運営行っている。
たまに大宮エリーUstream番組「スナックエリー」の”カメラの人”担当。
”音楽”を中心にリアルとネットを行き来しながら、WEBと映像の表現を多岐に渡り追究している。

HP:http://not---found.com/











inserted by FC2 system