【祝酒2017】



----< Time Table >----

 



----< artist >----

   

     

 


・勝井祐二(Electric Violin)+山本達久(Drums)+辻コースケ(Percussion)







ROVOの勝井祐二、GOMA&The Jungle Rhythm Sectionの辻コースケ、NATSUMENやジム・オルーク、UA等で活躍する山本達久による
予測不能、制御不能の完全即興LIVE。広大な大地から大海原を渡り大宇宙へと誘う壮大なサウンドスケープを体感すべし。

勝井祐二 HP :http://katsuiyuji.exblog.jp/
山本達久 twitter:https://twitter.com/tatsuhisayamamo
辻コースケ HP :http://www.tsujikosuke.com/






・原田茶飯事バンド





5月2日大阪うまれ、2009年から東京在住。
芸名に水が絡むと運気があがるとのことで2007年頃から原田茶飯事と名乗っている。
ソフトロックやMPBの洒落っ気、茶目っ気を感じさせながらも口から半分 魂の出たようなステージングは必見。
全国の演奏旅行を生業としながら野外フェスでのライブも務め、各地に顔見知りを増やしている。
ソロとバンドを使い分け節操無く渡り歩く全方位型シンガーソングライター。
この公演ではバンドで出演。〔Drum〕伊藤雄亮 〔Bass〕野地智啓 〔Sax〕UJ 〔Gt〕福永知史 〔Percuss〕沖田優輔 〔Gt Vo〕原田茶飯事

HP:http://haradasahanji.com/






・ヤセイコレクティブ / Yasei Collective





2009年に米国より帰国した松下マサナオ(Ds)、中西道彦(Ba,Synth)が斎藤拓郎(Voc,Gt,Synth)と共に結成。
2010年、別所和洋(Keys)が加入。 自主制作盤『POP MUSIC』をリリースし、都内を中心にライブ活動をスタートさせる。
2011年には1st アルバム『Kodama』をマインズ・レコードよりリリース。 2012年、FUJI ROCK FESTIVAL’12に出演。
2013年、2ndアルバム『Conditioner』をリリース。 自らのルーツと公言する、米国屈指のジャムバンド、Kneebodyを招いてのレコ発liveを実現させた。
2014年には、柳下“DAYO” 武史(SPECIAL OTHERS)、浦山一悟(ACIDMAN)、在日ファンク・ホーンズ等、
国内外から超豪華11組のアーティストを迎え完成させた、五周年アニバーサリーアルバム『so far so good』を発売。
発売記念ツアーは全国30公演に及び、アルバム参加ゲストを多数迎えた代官山UNITでのツアーファイナルは大盛況のうちに幕を閉じた。
2015年9月より、ACIDMANの所属事務所であるFREE STARへ新たに加わり、それに伴い自主レーベルである「Thursday Club」を設立。
11月にはシングル『radiotooth』をリリース。2016年4月には4thアルバム『Lights』をリリースする。
中毒性のあるビートと突き抜けたポップセンスを武器にジャンルレスな快進撃を続けている。

HP:http://yaseicollective.com/






・EL CARNAVALOW





2011年結成。今までに2枚のミニアルバムを発売。
パンク、スカ、レゲエ、ワールドミュージックに手を出しても結局ロックに戻る事を最近やっと気が付きました。
つまり「この5人で出来る音楽」をやっています。アコースティックセットでもバンドセットでも、メンバー3人しかいなくてもライブをやります。
さあ、この日はどんなセットになるのやら。

HP:http://www.elcarnavalow.com/






・小仏





山梨で小仏というバンドを組んでおります。現在は4人編成です。大雑把に言えば曲のあるロックを演奏します。細かい事はわかりません。






・53235/GOMIFUMIKO





1983年甲府市出身アーティスト。糸を紡いだり、歌ったり、祭りをつくる。
K'DLOKK、aLy、PAUGOMAA、picn!cなどで活動中。2014年には初となるソロアルバムを発表。
FUJI ROCK FESTIVAL '14に大友良英スペシャルビッグバンドで出演。
こうふのまちの芸術祭によって誕生したアーティスト集団、風林火山商店街(山中カメラ、幸田千依、水川千春)らと共に
盆踊りを編曲、新縁故節を作成。地元ミュージシャンを集め「こうふのまちの盆踊り大会」開催。大成功に収める。

blog:http://ameblo.jp/5323ko






・佐藤"kuma-chang"慶吾





パーカッショニスト。通称、熊ちゃん。
料理人の頃、ジェンベ奏者ママディケイタと出会い「パーカッショニストの手」と言われたのが嬉しくて料理人からパーカッショニストに転向を決意。
大儀見元、横山達治、中島オバヲ、など様々なパーカッショニスト達との出会いにより、
ラテン、アフリカン、サンバ、ジャズ、レゲエ、アンビエント、民族音楽、ポップス、ヒップホップなど多岐に渡る音楽を吸収。
NOKKO(ex.レベッカ)のアコースティックバンドに参加。そして菊池成孔とペペ・ト ルメント・アスカラールで共演。
Yae(半農半歌手)と共にFUJI ROCK Festival2007に出演。加藤登紀子とも共演。パートナーのcomugiとFUJI ROCK Festival2008に出演。
その他GOMA(didgeridou)、中村雅人(sleep walker)、BBBB(ブラックボトムブラスバンド)、和太鼓集団『倭』、田中峰彦(sitar)、
リクルマイ(ex.DRY&HEAVY)、島袋優(BEGIN)、キマグレン、KAI PETITE,テミヤン、ブレッド&バター、などと共演する。
アートアニメーションとのセッションや漫画読み屋の東方力丸とのプロジェクトや絵描きの門秀彦との『らくがきの旅』など、独自の活動も展開。
太鼓からおもちゃまで自由な発想でリズムを生み出す。











inserted by FC2 system